会社案内

ホーム > 会社案内 > 安全衛生

安全衛生

避難訓練

東日本大震災により、「より一層の災害意識を持とう」ということで、平成23年より避難訓練を

実施しています。安否確認を行うため、不在者の情報も共有できるようにしています。

平成30年度は、水の入った消化器を使い、参加者全員が消化訓練を試みました。

平成30年9月実施  

  

救急救命講習会

 

平成28年にAEDを社内1階ロビーに設置しました。

設置に伴い、毎年AEDの講習を行っています。

今年は、富士山南東消防本部にて社員9名が参加。

AEDの使い方や三角巾の巻き方、

担架がない時の応急処置方法を受講しました。

平成30年9月実施  

 

社員に体温計とKY自問自答カードを配布

 

昨年の体組成計に続き、今年は体温計を社員に配布しました。

それに合わせて、7月の講習で行ったKYに関する

自問自答カードも配布、社有車にも設置。

日々の体調管理や安全管理を意識して、業務にあたれるように

サポートしています。

平成30年9月配布  

 

ポイズンリムーバー設置

現場用社有車に冷却剤・ポイズンリムーバーを設置しました。

ポイズンリムーバーは、蜂などに刺された際に体内に入る毒素や

毒針を吸引して排出するための救急用具。

応急処置することで、体への被害を軽減することができます。

万が一刺されてしまった際に備えています。

 

平成29年9月導入  

 

交通安全週間

春・夏・秋・年末と年4回、交通安全週間に本社駐車場

入り口で安全運転を呼び掛けています。

業務でも現場にいったり、打ち合わせにいったりと

運転する機会も多く、事故がないよう注意しています。

平成30年9月実施時  

 

安全衛生講習会

安全衛生講習

 

DVDでの安全衛生講習を実施。健康管理や安全運転を

日頃から意識して気をつけていくことで、病気や怪我、

事故を未然に防ぐ取組みをしています。

今年は、

「正しく知れば怖くない がんのお話」

「KY(危険予知)」

について、講習しました。

平成30年6月実施  

 

ドライブレコーダー設置

平成28年に安全運転に対する意識を向上させ、交通事故に遭うことを防ぐため、全社有車に

ドライブレコーダーの設置をしています。社員に対して、自家用車にドライブレコーダー

取付推進のために補助金支給も行いました。

平成28年導入

 

ページのトップへ戻る