会社案内

ホーム > 会社案内 > 安全衛生

安全衛生

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルスへの対応として、弊社では以下の対策を実施しています。

 

【対象】全役職員

【期間】当面の間

 

1)体調管理

・朝の検温…37度を超える場合は出社を控える。また倦怠感や空咳などの体調不良時も同様。

2)風邪症状時の対応

・上司に報告。自宅での療養を行う。

3)出勤時

・時差出勤(公共交通機関使用時)

4)勤務時

・マスク着用での勤務。

・会議、打合せ…極力2m以上間隔をとり、換気を行って実施する。通常より広い会議室の使用。

・出張時…WEB会議の対応検討。最小人数ででかける。原則社有車の利用。

・来客時…WEB会議の対応検討。最小人数での対応。マスク着用の徹底。

※社内外の会議、打合せを行った場合、記録用紙に記入。

5)勤務外

・不要不急の外出を避ける。

・睡眠時間の確保。

6)テレワーク対応

・一部の社員においてテレワークを実施。 

 

 

交通安全週間

 

春・夏・秋・年末と年4回、交通安全週間に本社駐車場

入り口で安全運転を呼び掛けています。

業務でも現場にいったり、打ち合わせにいったりと

運転する機会も多く、事故がないよう注意しています。

2020年4月実施時  

 

避難訓練

東日本大震災をきっかけに、2011年より避難訓練を実施しています。

避難経路の確認、不在者の情報共有も行うようにしています。2018年には、

水の入った消化器で消火訓練も行いました。

  2019年9月実施

 

救急救命講習会

 

2016年にAEDを社内1階ロビーに設置に伴い、

毎年AEDの講習を行っています。

今年は、富士山南東消防本部にて社員9名が参加。

AEDの使い方や三角巾の巻き方、

担架がない時の応急処置方法を受講しました。

2019年9月実施  

 

 

タバコ対策

安全衛生講習

 

三島市保健センター様をお招きし、

「タバコ対策と禁煙のすすめ」について、

講習を開いていただきました。

喫煙と因果関係が証明されている疾患の多さや

タバコの煙が体内に入った時の血流状態など

喫煙の怖さがわかる講演でした。

 

2019年6月実施  

  

安全衛生講習会

安全衛生講習

 

DVDでの安全衛生講習を実施。健康管理や安全運転を

日頃から意識して気をつけていくことで、病気や怪我、

事故を未然に防ぐ取組みをしています。

今年は、

「正しく知れば怖くない がんのお話」

「KY(危険予知)」

について、講習しました。

2019年6月実施  

 

 

社員に体温計とKY自問自答カードを配布

 

昨年の体組成計に続き、今年は体温計を社員に配布しました。

それに合わせて、7月の講習で行ったKYに関する

自問自答カードも配布、社有車にも設置。

日々の体調管理や安全管理を意識して、業務にあたれるように

サポートしています。

2018年9月配布  

 

ポイズンリムーバー設置

現場用社有車に冷却剤・ポイズンリムーバーを設置しました。

ポイズンリムーバーは、蜂などに刺された際に体内に入る毒素や

毒針を吸引して排出するための救急用具。

応急処置することで、体への被害を軽減することができます。

万が一刺されてしまった際に備えています。

 

2017年9月導入  

 

ドライブレコーダー設置

平成28年に安全運転に対する意識を向上させ、交通事故に遭うことを防ぐため、全社有車に

ドライブレコーダーの設置をしています。社員に対して、自家用車にドライブレコーダー

取付推進のために補助金支給も行いました。

2016年導入

 

ページのトップへ戻る